スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暮らす」を楽しむ布とかご Vol.2

20170227

3年ぶりに、花巻のおいものせなかさんで
企画展をさせていただくことになりました。

2014年。
葛巻のちーちゃんこと下天广地歩さんと二人で
「チーム風蔵」として、はじめておいものせなかさんで
お世話になりました。
2年後くらいに、またやりたいねー。
そう言って、あっという間に3年が過ぎてしまいました。
こんなゆるやかな(笑)私たちを、
笑って迎えてくれるおいもの店主、新田さんに感謝です。
そして今回も素敵にフライヤーを作成してくれた
ちーちゃん、本当にありがとう。

今年は「風蔵」と「Aoni」の二人展となります。
Aoniとしては、これが初めての企画展です。
作品の数は、ほんの少しになりますが、
おいもさんでネパールコーヒーを飲みながら
ゆっくりと眺めてくださればと思います。

おいもオモテjpg


おいもウラjpg

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「暮らす」を楽しむ布とかご Vol.2

会期 ‣ 2017年3月24日(金) ~31日(金)

ところ ‣ おいものせなか

作家 ‣ 風蔵
     岩手県葛巻町在住
     下天广地歩
     樹皮を使ったかご・アクセサリー

     Aoni
     岩手県紫波町在住
     中村涼子
     天然素材の衣料品・服飾雑貨


25日・26日(土日)は両作家が在店します。
最終日31日(金)午後~ 
風蔵・下天广のみ在店します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

おいものせなか
岩手県花巻市上小舟渡166-2
【T&F】0198-22-7291
【Close】火曜日(祝日営業) 
【shop】9:30~18:30 
【Cafe】10:00~18:00 
【日曜】shop&cafe10:00~17:30
http://oimonosenaka.com/

おいものせなか+Cafe
フェアトレードのネパールコーヒー、手摘みの紅茶など
素材にこだわったアップルパイとのセットもおすすめ。
イベント期間中、25・26日(土日)ネパールチキンカレー、
スープ&パンのセットを、日替わりで提供します。
10食限定のため、ご予約が安心です。
また、駐車場に限りがありますため、
土日などの混雑時はご相談ください。

スポンサーサイト

お手伝い

20170225

紫波町日詰商店街の裏通りにあった
それいゆ美容室さん
リノベーションまちづくりの一環で
はちすずめ菓子店さんとなるそうです。
今日は床の解体作業があるとのことで
お手伝いに行ってきました。

DSC_1107_400.jpg

DSC_1104_400.jpg


千葉から一人就職した時は
最も身近だった日詰商店街も
結婚後ほとんど関わりを持たなくなって
かれこれ10年以上が経ちました。

全国的に郊外型の都市化が進み
古い商店街はどこも衰退の一途をたどる流れとなった。
日詰商店街もそういう印象はぬぐい去れず
ここがもっと有効に活用されればいいのになあと
私なんかはただ思うだけでしたが
リノベーションスクールが紫波で開催され
今実際に人が集まって動いていることが嬉しい。
自分の住む町が活気づいていくことって
こんなにも嬉しいと感じるものなんですね。

お昼ははちすずめさんお手製の
たかきびヴィーガンカレーと
月の輪さん酒粕を使った粕汁、
デザートにヴィーガンパイをご馳走になりました!
使ったことないバリの使い方もちょっと上達(笑)

藍染め-染め作業③-

20170223

今日もねこの染物屋さんの工房へ。
残りの2反を染めにお邪魔してきました。

3種類の布のうち、一番薄手の綿生地。

DSC_1079_400.jpg

真っ白の晒しなので、薄く明るめの色にしたいので
回数を少なめに設定。
10分間染めて、5分間酸化発色 を3回繰り返し
天地返しをして同じく3回繰り返す。

DSC_1083_400.jpg

1回目

DSC_1085_400.jpg

3回目

だいぶ弱ってきて、「やばい」と言われながら2週間経った藍。
根子さんの手当てをうけて、思ったより元気が続いているよう。
想像してたより、濃いめに染まった気がする。
藍甕の藍はその日によって様子が違うので
やってみないとなんともわからないところが
難しいし、面白いし。まさに藍が生きている証拠である。

振りすすぎをして軽く脱水した状態で
本日はお持ち帰りし、だら干し。

DSC_1099_400.jpg

前に染めて乾かした生地も一緒に持ち帰り、
あとは家でアク抜きをして完了です。


藍染めー染め作業②ー

20170215

先週末は、
また根子さんの藍染め工房にて染め作業。
根子さんは14:00まで不在ということで、
私はお昼から、一人で作業をすることになっていた。

不安ながらも、前回の流れを思い出して
ゆっくりと、一工程づつ、進めた。

DSC_1018_400.jpg

この時に染めたのは、精練済みの、起毛リネン。
もともと麻は、染まりがとても良いそう。
それに地色が麻色なので、濃いめに染めるイメージで。

DSC_1028_400.jpg

前回より厚手の生地なので、
8分間染めて、5分間空気に触れさせて酸化発色
これを1クールとし、天地返しをしないで10クール
繰り返すことにした。
天地返しをしなかったのは、私が忘れていたから 汗
ちょうど根子さんが帰ってきて、
じゃあ、10回染めることでよしとしよう(笑)と判断してくれた。
本当は、天地返しをしないと、上下で染めムラが出やすい。
でもまあ、これも経験&勉強です!

DSC_1042_400.jpg

軽く洗濯機で洗ったあとは、振りすすぎ。

DSC_1044_400.jpg

だら干し。
な、なんか・・・
とってもカッコイイ感じに染まっている気がする!!
嬉しい!楽しい!ありがたい~!

DSC_1034 2_320

染め作業をやらせていただいて嬉しいことは
本藍のネイルアートを楽しめること 嬉
藍のアルカリで、手もつるつるになる。
手だけ染めに来てください、と、根子さん 笑

残すはあと2反。今度は月末に。

☆ ☆ ☆ 

次の日は、ひらすら1日、ベンガラ染め。
長時間のう○ち座りが、こ、腰に~ 涙
それでも、綺麗に染まった布を見れば
腰の痛みも吹っ飛んじゃうね。

DSC_1054_400.jpg

これからもっともっと、染めるぞー! ガッツ

義父ふたたび

20170214

数日前の事。
仕事中に義父から着信が入り
普段だと、仕事以外の電話には
出ないようにしているけれども
よぼよぼヨイヨイの義父だけに、
焦って出てしまった。(←しまった?)

「いま、どこにおんの」
会社です。どうしました?お義母さんは?
「えっ・・いや、何でもない!もうええわ」
どうしたんですか?だいじょうぶ?
「・・・・」

しばらくして、義母からメールが。

【もしかして爺さんから電話がいったかと思うけど
あんまりわがまま言うから お灸据えてます。
ので 気にしないでいいですからね。】

【いいんです  少し 考えを
改めて貰わないと 本当に 困るので】

帰宅後、訳を聞いたら
自分の寝ている位置がずるずる下がって
足が曲がってきて狭いから
担いで上げてくれ、と義母に言ったそうだ。

1年前、一歩も動けなくなるくらい衰弱して
年末どたばたと入院した時から、
頑張ってリハビリに通い、なんとかお散歩に
行けるくらいまで回復したというのに
最近、また食べなくなって、運動もせず
全てがめんどくさくなって、
すぐに「タケコ!タケコ!」(←義母の名前)

自分の寝るポジションくらい
頑張って自分で変えんかい!
と、義母に気合い掛けられたので
しかたなく私に電話して、寝るポジションを
変えて貰おうと思ったら

電話しているところを見つかって
逆鱗にふれたという訳だった。

岩手は外は寒いし足下は雪で危ないので
冬はお散歩することができない。
だから家の中で工夫して、少しでも
運動して筋力を保たなければならないのに
すぐに楽な方に流れてしまう義父に
義母は本気で怒っている。

考えを改めて貰わないと
本当に、困ります。



藍染め-染め作業-

20170206

今日は、待ちに待った染め作業の日。
本当は12月に染めるはずだったのだけど
私の祖父が亡くなるのと同時に
藍甕の藍が死んでしまったため
根子さんが新しく藍を建てなおし
やっと二人のタイミングが合い
今日この日となった。

精練済みの布は3種類6反あり、
今日は藍の調子を見ながら
頑張って2反染めさせてもらう目標をたて、開始。
藍甕の部屋は常に一定の室温を保たなければならず
寒い岩手の冬は管理が大変。。
イマイチ調子が悪いよう。
ご機嫌とりの日本酒と小麦粉を与えて
ちょっと元気になったかな?というところ。

DSC_0987_400.jpg

精練済みの布に、
竹でできた手作りの伸子(しんし)を張り
屏風たたみで湯につける。

DSC_0990_400.jpg

その後、布同士が触れないようにして、
いざ藍甕へ・・。

DSC_0991_400.jpg

ゆっくり、ゆっく~り、藍甕に沈めていきます。

DSC_0999_400.jpg

1クール目はこんな緑色。

今回は中くらいの厚みの布なので
6分間染め+4分間酸化発色=1クールとし
5クール行い、天地返し。(布の上下を逆にする)
同じように5クール繰り返し、1反終了。

DSC_0994_400.jpg


今日は根子さんがお昼から用事があり、
ひと通り教わってから、一人での作業となる。
6分と4分の間に、「江戸文様図譜」を読む。
身の回りのものはなんでも文様にしてしまう
江戸時代のおもしろ文化に感動すら覚える。
楽しい時間

DSC_1003_400.jpg

染めた布は振りすすぎをして
工房の2階に干し、染まり具合によっては
また重ね染める。
今日のところは濡れてる状態でこんな色。

DSC_1009_400.jpg

乾くとどんな色合いかな。
楽しみ!

DSC_1013_400.jpg

今日は藍にたくさん頑張ってもらったので
明日、明後日は使わないで休ませるとのこと。
疲れて酸性に傾いたPHを上げるために
石灰と温めた灰汁を加えて、
甕突きをして、本日の作業は終了。
この藍の管理が何より大変で難しいのだ。
それは藍に精通した職人さんじゃなければ
判断つきかねる仕事だろう。
繊細で奥深い藍の世界を見せて
もらうことができて、最高に幸せ。
根子さん、本当にありがとうございます。


Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。